Name

ミゲル・アロヨ -Miguel Arroyo-

Lesson Place

店舗・オンライン

Part/Genre

ギター/ジャズ・ポピュラー

Profile

1983年リマペルー生まれ。ブルース、ジャズ、ラテン、ヘビーメタル、R&B、ファンクなど、様々なジャンルの音楽に影響を受け、7歳でギターを始める。特に影響を受けたギタリストは  JOHN SCOFIELD、BB KING、SANTANAである。

16歳でハードロックバンドEMERALDに参加し、ギタリストVH GLENNYと共演。 2002年に名古屋に移り、LA TRIBU BROTHERS BAND(ラテンロック)、CIRCO BEAT(70 '〜80' Pop Covers)で演奏を始め、SHIGEMORI EFFECTSとGODIN GUITARSのプロモーションビデオを制作。

2009年にボストンのBerklee College Of Musicに入学。その時にトモ藤田、Tim Miller、Mike Williams,  Jim Kellyと共にプライベートレッスンを受けた。大学では、学生と教員が主催するジャムセッションのリーダーを担当。
ドラマーAdolfo Torresが"プログレッシブロック"バンドDIRTY TONGUEを始め、同バンドのギターを務める。2012年にEP ALBUMをレコーディング。また、ファーストアルバム”CROSSING COLORS”をリリース。オルタナティブインディーロックバンドSALTH CATEDRALにも参加。ボストン、ブルックリン、ニューヨークで彼らと共演をはたす。

2012年に帰国。J'z Studioでエレキギターの講師となり、NAGOYA TAURUSではJAM SESSIONS、BLUES SESSIONSのホストを務め、多数のアマチュア、プロのミュージシャンと共演。名古屋の全ブルース会場で活躍するブルースバンド「こばや」のメンバーとして加わり、2017年には東京のFUSSA BLUES FESTIVALに招待されている。現在までM-JOINT、NOBODYKNOWS、BJDAN、 D'MENTE COMUN、MONO GRAPHIC、XANDRA CORPORA BAND、EMILLYなど、様々なジャンルのバンドメンバーとしても活躍している。